サプリで身長を伸ばす時代|現代っ子の悩みを速攻解決

女の子

美味しくなった青汁

飲み物

青汁が苦かった理由

不味い飲み物として有名だった青汁が、非常に美味しくなっていると口コミで話題となっています。青汁は健康に良い飲み物ですが、苦くて不味い特徴がありました。そのため、いくら健康に関心のある方でも、青汁を敬遠されている方は多かったのではないでしょうか。青汁が苦く不味い理由には、ケールが原料に使用されていることが挙げられます。豊富な栄養素を含んでいるケールは、えぐ味が強い特徴があります。そのえぐ味がそのまま青汁の味となり、苦味が非常に強く出てしまっていたのです。しかし、えがおの青汁満菜には、ケールが使用されていません。その代わりに使用されているのは、大麦若葉です。大麦若葉はケールと同等の栄養素を含んでいるにも関わらず、自然の甘みがある特徴があります。

1日350gの野菜を摂取

口コミで非常に美味しいと話題のえがおの青汁満菜は、ケールの他にも10種類の有機原料が使用されています。また、沖縄県与那国島産の長命草も使用しており、豊富な栄養素をたった1杯で摂ることが可能です。摂ることができる栄養素は350g以上となっており、厚生労働省が推奨する摂取量を摂ることができます。1日350gもの野菜を摂っている方は非常に少なく、若年層だけではなく高齢の方の多くも野菜が足りていません。えがおの青汁満菜を毎日飲むことで、必要な野菜をたっぷりと摂ることができます。美味しいだけではなく健康に高い効果があることも、口コミで話題となっている理由です。また、口コミで評判なのが、えがおの青汁満菜が粉末であることです。そのため、水に溶かして飲むだけではなく、料理に混ぜて摂ることができると人気となっています。