サプリで身長を伸ばす時代|現代っ子の悩みを速攻解決

女の子

最強のハチミツ

ハチミツ

効果的な摂取方法

マヌカハニーとは、マヌカという植物の花から集められたハチミツのことで、ニュージーラントの原住民たちに古くから薬として利用されていたものです。一般的なハチミツよりも殺菌作用が高く、特にピロリ菌やサルモネラ菌などのバクテリアに対する抗菌力の強さから注目されるようになりました。基本的には1日に1〜3回、空腹時にひと匙程度を口に含み、ゆっくり溶かしながら摂取していきますが、普通のハチミツと比べて、マヌカハニーには独特の風味があるため、苦手という人は他のものに混ぜて食べるという方法もあります。ヨーグルトやコーヒーに混ぜたり、トーストやチーズにかけて食べるのも効果的です。マヌカハニーの抗菌力は熱に強いため、料理の熱で成分が壊れることはありません。

特記すべき効果

マヌカハニーに含まれる主な成分としては、ビタミンB群のほかに、ビタミンC、マグネシウム、リンなどが挙げられ、これらはすべて、サプリメントで体に良いとされる成分です。その効果としては、ピロリ菌などの胃腸疾患をもたらすバクテリアに対する強い殺菌効果のほかにも、抗炎症作用による喉の痛みの緩和やインフルエンザの予防、虫歯や口内炎の予防、整腸作用による下痢や便秘の改善効果、切り傷ややけどに直接塗ることで傷の治りを早くする効果などがあります。また、まだ十分な研究は進んでいないものの、ガンの予防や治癒にも一定の効果があるともされています。糖尿病の治療の際に、低血糖になるのを防ぐ食べ物としてマヌカハニーが推奨されることもあり、まさに医者いらずの万能薬です。